English page

ご案内

■住所
港区赤坂2-16-21 栄屋ハウス302号
アクセスマップ
■お問い合わせ電話番号
03-6862-8100
  • 【受付時間】
  • 月〜土曜
    9:00~20:00
  • 日曜
    不定休
クレジットカード払いがご利用可能になりました
■メールでのお問い合わせ、ご予約はこちら
お問い合わせメールフォーム
Dr.河合にお問い合わせ・ご予約はこちらから
Amebaブログ
Amebaブログ
Facebook
患者さまの声
KMAP 沖縄

よくある質問

スポーツ選手専門ですか?

いえ、決してスポーツ選手を専門ではありません。スポーツ選手に効果的な施術法を用いていますが腰痛、肩こり等一般の症状の方にもアメリカの正規のカイロプラクティック教育による適切なトリートメントを施させていただきます。スポーツ選手の主な傷害は継続的に筋肉を過度に使う事ですが、これはコンピューターワーカーでも同じです。過度に同じ姿勢を続けたり、マウス、キーボードを使用することによりスポーツ選手と同じような症状になります。


ドクターオブカイロプラクティックとは?

カイロプラクティックの大学において所定の単位を収め(大学院制)、ナショナルボード(国家試験)と言われる試験に全て合格したものに与えられる学位です。カイロプラクティック学校を卒業しただけでは、DCと名乗ることはできませんし、また名刺などに表記することも違法行為となります。ナショナルボードは第1次試験から第4次試験まであります。第1次試験から第3次試験までは筆記試験、そして第4次試験が最難関のプラクティカルテスト(実技試験)となっています。全ての試験に合格した後には、州の医療法律試験、レントゲン撮影技術者試験があります。全ての試験に合格して晴れてドクターオブカイロプラクティックとなります。


健康保険は適応できますか?

誠に申し訳ありませんが、カイロプラクティックは保険適応内ではありません。しかし実費施術だからこそ、現在の医療事情では結果を求め充実した施術体制で患者様のご満足いただける施術を提供できると確信しております。


施術の期間はどのくらいになりますか?

症状、患者様の年齢、その他の要因などにより一概にお答えできませんが、2,3回のARTトリートメントによりかなりの改善が期待されます。その後、完全な状態でトリートメントセッションを終了するために米国カイロプラクティク大学教育で推奨されている4-12週間のプランを立て、患者様の症状の根本的な解決のゴールを目指します。最初の数回は通常、早期の改善のためにトリートメント頻度をあげて(週2から3回ほど)集中的に行います。


どのような症状が適応されますか?

カイロプラクティックでお力になれる症状は幅広いです。スポーツ傷害、肩こり、腰痛、主観的症状は当然の事、例としては以下の症状があげられます。
スポーツ傷害の例、ハムストリング痛、臀部痛、テニス肘、ゴルフ肘、シンスプリント、五十肩、野球肩、肩があがりにくい、ローテーターカフ症候群、インピンジメント症候群、足首の捻挫、腸脛靭帯炎、ふくらはぎ痛、股関節痛、膝の痛み、変形股関節症、ジャンパー膝、ランナー膝、足底筋膜炎、etc
→ 症状の発生、メカニズムなどを考慮し、各種検査により問題を把握しカイロプラクティックアジャストメント、ART、グラストン、その他療法により最善の処置をいたします。また以上の様な症状に対し、これらのテクニックの有効性は米国における研究にて立証されています。

その他の例
坐骨神経痛 → 干渉されている部分の骨格、軟部組織の圧迫部位を検査によって明確にし、それらの部位をカイロプラクティックアジャストメント、ARTその他のテクニックによって解放し症状の改善を目指します。
手根管症候群 → パソコンワーカーに多い手根管症候群という手の平、指の痺れ、手の筋肉の違和感などを、問題となっている部位をARTその他のテクニックによって解放していきます。

また以上の症状だけではなく特定スポーツ、運動の機能の向上、コンディショニングケアなどにもアジャストメント、ART,グラストンなどの治療が大きな効果を発揮します。

その他筋骨格系の問題があればお気軽にお問い合わせください。もし、カイロプラクティックの禁忌症(メディカルドクターの範疇の症状)が検査でみられましたら、専門医の方をご紹介いたします。
カイロプラクティック大学の教育はドクターという立場からこの診断鑑別の教育に多大な時間を割いています。その為、信頼いただける的確な処置、判断をさせていただきます。



ページTOPへ